カール撃沈


誰よりも練習し、誰よりも努力した男、カールさん。そんなカールさんの晴れ舞台に沢山の応援が駆けつけました。僕には一番怒鳴られていることでしょう。年上だろうが、社会的に偉かろうが、「試合に出て勝つ!」って言った以上一人の弟子でしかありません。なあなあで付き合えませんし、それは選手にも相手選手にも失礼に当たります。本当に厳しい師匠かもしれません。

それでもカールさんはついてきました。今回の相手は各上で、年齢も半分以下(22歳下)。勝てっこない!って思っていたら僕も組んでいません。カールさんも「同じくらいの年齢の人とやっても…」と強い相手と組ませてほしいとアピールしてきました。今回の選手は韓国人の若手選手。本当に強かった。

しかしやはりそこは努力したところが見れました。タックル行くも潰されました、そこはしつこくカールさんは攻めまくる。そのタックルが効果出てきたのが「フェイントからのクロールパンチ」これがバッチリはまりダウンを奪いました。パウンドで追撃するも決定打が無くスタンドへ。ダメージがまだ回復していないうちに追撃したいところ相手選手からの二回目のローブロー。その間に相手は回復してしまったように思います。そこからカールさんはパンチで挑み敢え無く撃沈となりました。
ローブローさえなければ…と思う所もありますが、そこもやはり貰ったこちらも足りない部分だと言い聞かせています。

イム・テミン選手は若く本当に素晴らしい選手でした。おっさんと組んでもらえたこちらの方が感謝せねばなりません。カールさんは試合後イム選手にお礼を言いに行きました。彼も快く受けてくれました。

余談ですが、一緒に参戦していたもう一人の選手が日本語が出来る人でした。話をしていると「三好先生、実はパラエストラ大阪にいたのです。先生のセミナーに参加したことがあります」と仰っていました。ビックリ!格闘技の世界は狭いといいますあ、これにはビックリしました。

TKO負けしたカールさん、今日シミーズさんの所でMRIを撮ってもらい無事という報告を頂きました。ホッとしました。KO負けした選手には必ず朝メールをします。特に一人暮らしの人には。今回もメールし無事を確認しましたが、やはり医学的に見てもらう方がもっと安心できます。マツモトさんもそうですが、暫く休ませたいと思います。(本人はやりたがるでしょうが)

とにかくカールさんの激闘は心に来るものがありました。そして無事で良かった。それにつきます。お疲れさまでした。




■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■入会案内:http://www.hidemiyoshi.jp/join/
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/
■加圧トレーニング:http://www.next-stage34.com


コメント

このブログの人気の投稿

ヤンキー学校の教頭先生

新年あけましておめでとうございます

忘年会